OlivesOil

 

世界最高品質のオリーブオイル

OLiVOは『FLOS OLEI』でその年に最高評価を獲得したBEST20ならびにTOP FARMの中から厳選した『旬』のものや、珍しいオリーブ品種で作られたオリーブオイル、またその他の権威ある大会で受賞しているオリーブオイルを世界各地の生産者から直輸入しています。
FLOS OLEI 2016年度版では、5大陸、世界49ヶ国の生産者がエントリーし、692種類の中から厳正に審査を通過した500のオリーブオイル生産者とそのオリーブオイルが明快な解説とともに掲載されています。

FLOS OLEIとは?

オリーブオイル界で最も権威のあるテイスターの一人であるマルコ・オレッジャ氏が監修するインターナショナル・オリーブオイルガイド。
単なるオリーブオイルの格付けにとどまらず、世界の各国のオリーブオイルトレンドの紹介から、合理的かつユニークな視点でのオリーブオイル生産者を評価したガイドブックとなっています。
オリーブの育成から収穫方法、オイルの生産工程、保存や輸送といった品質に影響を与える項目には、農学エンジニアの肩書を持つマルコ・オレッジャならではの詳細で客観的な評価が貫かれている一方、生産者の情熱や“愛情”までもがその審査の対象となっており“MADE WITH LOVE”はFLOS OLEIにおける重要なキーワードとなっています。
FLOS OLEIは世界中の高品質なオリーブオイルの保護と普及を目的としているグローバルな“プロジェクト”なのです。
このFLOS OLEIの理念に共鳴するOLiVOは、オレッジャ氏や生産者との交流を通じて巡り合った優れたオリーブオイルを、生産者のストーリーと共に日本の皆様にお伝えしていきます。


FLOS OLEI2016レセプション会場にて



オリーブオイルの量り売り

OLiVOの店頭では、オリーブオイルの鮮度を保つためにイタリア製フストを使用しております。このステンレス製オリーブオイルタンクは遮光性や密閉性に優れ、エクストラバージンオリーブオイルの命であるフルーティーさを保護します。
全てのオリーブオイルはテイスティングできます。その鮮度と個性をお確かめください。


店頭でお好みのオリーブオイルを瓶に詰め致します。また直営店以外では遮光パックや箱に入れて販売しております。


オリーブオイルへのこだわり

カンチェーミ・コーポレーションでは、オリーブオイルの品質保持を最優先に考え、より安価な船便という選択肢もあるなか、イタリアをはじめ世界各国のオリーブオイルを全て空輸のみで輸入しています。
船貨物の場合、ヨーロッパから日本迄の航路は赤道を2回通過します。
シンガポールなどの熱帯地域の港ではオリーブオイルを積んだコンテナは他の船に移し替えられ、その際にオリーブオイルは3日間から最大1週間港に放置されてしまうこともあります。
カンチェーミ・コーポレーションは、OLiVOショップで販売されるオリーブオイル全てを空輸にすることにより、温度変化や光に敏感なオイルを不要な輸送リスクや品質劣化から守り、日本の皆様に出来るだけ一番良い状態でオリーブオイルを提供できるように努めています。


オリーブオイルを「使い分ける」楽しさ&美味しさ

エクストラバージンオリーブオイルはオリーブの実を搾っただけの“オリーブのジュース”。オリーブという果実が持っている風味がそのまま残っています。
これがオリーブオイルの“フルーティーさ“です。 このフルーティーさの強弱によって、オリーブオイルはライト、ミディアム、インテンス(ストロング)の三タイプに分類できます。

イラスト配色はイメージです。
オリーブオイルの色は、品種や収穫時期によって異なり、フルーティーさや鮮度・風味などには比例しません。

異なるフルーティーレベルを揃える楽しさ。
それぞれのタイプのオイルが揃うと様々な料理に合わせる事ができる為、オリーブオイルを本当に美味しく楽しく使いこなすには“オリーブオイルは三種類揃えたい”ということです。

ライトフルーティーオイルは淡白な料理、繊細な食材にマッチします。素材の良さを邪魔したり消したりせずにオリーブオイルのフルーティーさを加えてより風味を引き立てますので、お豆腐やサラダにお使い下さい。
インテンスフルーティーオイルはしっかりとした味の料理にマッチします。ビーフシチュー、ステーキ、ゴルゴンゾーラチーズの様な食材の美味しさや風味を引き出すには、それに負けない力強いフルーティーさが必要になります。
ミディアムフルーティーオイルはその中間で種類も豊富です。パンやパスタの仕上げ等にお使い下さい。

そして、同じフルーティーレベルのオイルでも、マイルドなタイプとスパイシーなタイプ等異なる個性があり、違った味わいができるということ、さらに、苦みや辛みが決してネガティブな要素でないことも食材とのペアリングで実感していただけると思います。
オリーブオイルが与える料理へのインパクトの違いが分かるとオリーブオイル選びはとても楽しくなります。


フルーティーレベル表

オーガニックファーミング(認定)・・・・・・・・・・・

フルーティ レベル 生産者 オリーブ品質 生産国
ライトフルーティー エンツォ社 アルベッキーナ 100% アメリカ
  モルゲンスター社 タジャスカ 100%
(9月遅摘み)
南アフリカ
  ボナミーニ社 ファヴァロール 50%
グリニャン 50%
イタリア
  マリーナ社 マリーナ 100% イタリア
プロドット・ディ・イタリア社 チェリナディナルド(40%)
オリアローラ(60%)
イタリア
  タルボットグローブ社 ネヴァディロ 100% オーストラリア
ミディアムフルーティー オルシーニ社 イトラーナ 100% イタリア
フィゴーリ社 カロレア 60% コラティーナ 20%
ドルチェ・ディ・ロッサーノ 20%
イタリア
  イアモス社 コロネイキ 100% ギリシャ
コッリエトゥルスキ社 カニネーゼ 100% イタリア
  ディジーザ社 チェラスオーラ 100% イタリア
  プルネーティ社 レッチーノ 40% ペンドリーノ 20%
フラントイオ 20% モライオーロ 20%
イタリア
インテンスフルーティー
(ストロング)
  ヴィオラ社 モライオーロ 100% イタリア
リブランディ社 ノチェラーラ・デル・ベリーチェ 100% イタリア
クアットロチョッキ社 モライオーロ 100% イタリア
  アロデン社 ホヒブランカ 100% スペイン
  レ・トゥレ・コロンネ社 コラティーナ 100% イタリア

ライト・フルーティー

ボナミーニ社
(イタリア ヴェネト州)

北イタリアはヴェローナにあるボナミーニ社はFLOS OLEI DOP(保護原産地呼称)ライトフルーティーオリーブオイル部門で2011年より4年連続最優秀賞に選ばれたオリーブオイルです。
ジャンカルロとサブリナ夫妻は農園を所有せず同じ地域の厳選したオリーブからオリーブオイルを作ります。黄金色のオイルは複雑なアロマの中に洋ナシやバナナ、リンゴなどフルーツのエレガントな香りが漂います。ライトフルーティーな味わいは口当たりがマイルドな食材と相性がいいです。

2016年度 FLOS OLEI 97点
オリーブ品種:ファヴァロール(50%)、グリニャン(50%)
農園海抜: 170m ~200m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:冷奴(豆腐と粗塩)、シーフードサラダ、
温野菜、野菜のフリット あさりやハマグリの酒蒸し、
アスパラガスのリゾット、白身魚のマリネやカルパッチョ、
甲殻類のパスタ、モッツァレラチーズやアイスクリーム

マリーナ社
(イタリア ラツィオ州)

*オリオ・プリモ社は2016年度よりマリーナ社と社名を変更しました

クリアな黄金色のこのオリーブオイルはユニークで希少な製品です。バナナ、草、アーティチョークのアロマ、アーモンドの余韻がほのかに苦みをもたらします。 マリーナ種のオリーブはイタリア中部の山間に位置するヴァル・ディ・コミノ周辺にしかない希少品種です。以前は苦みや辛みが強すぎる為、マイルドなオイルとブレンドされていましたが、近年マリーナ種が極めてポリフェノールの含有量が多いことが分かり、今では単品種のオリーブオイルとして楽しむことができるようになりました。

オリーブ品種: マリーナ(100%)
農園海抜: 700m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ミネストローネスープ、繊細な味の和惣菜、きんぴらごぼう、春菊や小松菜のおひたし、ベイクドポテト、根菜グリル、ワラビやゼンマイなどの山菜類、 エメンタールチーズ

タルボット・グローブ社
(オーストラリア 西オーストラリア州)

*2016年度は収穫がなかった為販売は致しません
タルボット・グローブ社のオリーブオイルはOLiVOオープンからのラインナップ ファンも多いオリーブオイルですので
お知らせも兼ね記載してあります

西オーストラリア州ヨークのタルボット・グローブ。広がりのあるフルーティーなアロマを有するネヴァディロ単品種のオイルは、地中海地域のオイルとは一線を画した個性的な味わいが魅力です。そのアロマは桃やバナナを彷彿とさせ、バジルやユーカリの香りも有しています。複雑でありながらバランスの取れた味わいは、苦みがとても強く、辛みも際立っています。醤油との相性が抜群で和食によく合います。

2016年度FLOS OLEI 95点
オリーブ品種: ネヴァディロ(100%)
農園海抜: 300m
収穫方法: 機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:和風パスタ、根野菜のきんぴら、
チェダーチーズ 醤油と混ぜてほうれん草のおひたしやタコや貝類の刺身、押し寿司、握り寿司

エンツォ社
(アメリカ カルフォルニア州)

エンツォ社はカルフォルニア州最大のオーガニックオリーブオイル生産者です。
デリケートなアルベッキーナ品種100%のこのオリーブオイルはバターのような芳醇でマイルドな口当たり、味わいが特徴です。

オリーブ品種: アルベッキーナ(100%)
農園海抜: 100m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:アワビやホタテなど魚介のグリル、ポテトのオーブン焼き、クッキー、ブリーチーズ

モルゲンスター社
オリーブオイル ~モンテマルチェッロ~
南アフリカ サマーセットウェスト

*2016年9月販売予定 
(季節限定商品、希少な為数に限りがございます)

南アフリカ産遅摘み搾りたてオリーブオイル、モンテマルチェッロ。生産者の故郷であるイタリアの海岸部リグーリア州では、遅摘みされたタジャスカ品種のオリーブオイルが美味とされます。現オーナーは、南アフリカでもイタリアの昔ながらの製法の搾油方法にこだわり、熟した高品質のオリーブの実だけを厳選し、出来の良い年のみに搾油します。
黄金色に輝くベルベットのような口当たりのオリーブオイルは、甘みも顕著で、南半球の搾りたてオリーブオイルならではの風味をお楽しみいただけます。

2016年度FLOS OLEI 98点
オリーブ品種:タジャスカ(100%)
農園海抜: 200m~250m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
ペアリング料理:ハマグリやホタテのワイン蒸し、摘みたてトマト、サラダ菜、ズワイガニ、グリルした魚、イタリアンブレット

高尾農園

*2016年11月販売予定 
(季節限定商品、希少な為数に限りがございます)

日本は小豆島にある高尾農園で作り出されるオリーブオイルは透明感のある黄金色をしておりローズマリーやミントの香りを放ち、 口の中では黒コショウやアーモンドの味がほのかにします。エレガントで軽やかなドルチェタイプのオリーブオイルです。

オリーブ品種:ルッカ(100%)
農園海抜:30~100m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:トマトのブルスケッタ、 焼きシイタケ、
温野菜、鶏肉のマリネ、お味噌汁

高尾農園

*2016年11月販売予定 
(季節限定商品、希少な為数に限りがございます)

日本は小豆島にある高尾農園で作り出されるオリーブオイル、ネヴァディロ品種は透明感のあるやや黄緑色のオリーブオイルです。
やさしい苦味と辛さがありますのでお醤油や日本食との相性がいいです。

オリーブ品種:ネヴァディロ(100%)
農園海抜:30~100m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:金平ごぼう、小松菜のおひたし、焼きなす、湯葉、お味噌汁

ミディアム・フルーティー

プルネーティ社
(イタリア トスカーナ州)    

ジョンニとパオロ兄弟が運営する大きな農園はワインの名産地トスカーナ州のキャンティクラシコの中心に位置しています。農園ではオリーブの木を約12500本も所有している名門会社です。
プルネーティ社にオリーブの割合を依頼し作ったOLiVOオリジナルブレンド。
トスカーナならではの苦さと辛みがうまく調和したオリーブオイルです。

2016年度 FLOS OLEI 98点
OLiVOオリジナルブレンド

オリーブ品種:フラントイオ(20%)、レッチーノ(40%) モライオーロ(20%)、ペンドリーノ(20%)
農園海抜: 320m~380m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:トマトのブルスケッタ、ツナサラダ、
野菜や豆のスープ、ミートソース、 ソーセージのパスタ、
メカジキのグリル、肉じゃが、スカモルツァアフミカータチーズ


ディジーザ社
(イタリア シチリア州)

単品種のこの素晴らしいオイルはアラビア語で“輝かしい”を意味するディジーザという名の農園で作られています。透き通った黄金色で、リンゴやトマトの果実味を感じるふくよかで芳醇なアロマを有します。レタスやブラックペッパーの風味はエレガントでバランスの取れた味わいです。

2016年度 FLOS OLEI 96点
オリーブ品種: チェラスオーラ(100%)
農園海抜: 400m~500m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:サーモンのマリネ、
カポナータ(野菜のトマト煮込み)、ポテトサラダ、
ムール貝のトマト煮、ジャーマンポテト、クラムチャウダー、
菜の花のおひたし、カマンベールチーズ

オルシーニ社 
(イタリア ラツィオ州)

翡翠の様な深い緑色のこのオリーブオイルは熟したトマトやバナナの豊かなアロマだけでなくセロリやレタスといった野菜のニュアンスも感じられ、強い苦みと程よい辛みのある複雑な味わいです。
100年以上続くこの農園のオリーブオイルは毎年ラツィオ州の大会で賞を取り、イタリア全土の大会でNo.1にも輝いた事のあるミディアムフルーティーオリーブオイルです。

2016年度 FLOS OLEI 96点
オリーブ品種: イトラーナ (100%)
農園海抜: 200m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:焼いたキノコ類、青魚のアペタイザー、
タコのマリネ、 鱈のピューレ(バッカラ・マンテカート)、
焼きそば、 ブロッコリーのスープ、豆サラダ、
トマトのブルスケッタ、ペコリーノチーズ

フィゴリ社
(イタリア・カラブリア州)

イタリア、カラブリア州コセンツァ地域で70年前、おじいさんの代からオリーブオイルを育てています。現在は3代目に受け継がれ最新の機械を使いオーガニックオリーブオイルをつくる大きな会社へと成長しています。
3種類のオリーブをブレンドしたこのオリーブオイルは熟されていないフレッシュなトマトのような苦味が強く辛みもはっきり感じられるオリーブオイルです。

2016年度FLOS OLEI 96点
オリーブ品種:カロレア(60%)、コラティーナ(20%)、
ドルチェ・ディ・ロッサーノ(20%)
農園海抜: 30m
収穫方法:機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:キノコ類のグリル、ミネストローネスープ、ほうれん草のサラダ、豚のBBQグリル、パスタミートソース、ベルパエーゼチーズ

リブランディ社
(イタリア カラブリア州) 

店頭限定販売の商品になります。
*2016年10月下旬以降販売予定

2016年度 FLOS OLEI 98点
オリーブ品種:カロレア(100%)
農園海抜:100~500m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:フェットゥンタ
イタリアでは、その年のオリーブオイルの出来を味わう収穫祭があり ます。毎年違うオリーブオイルの味や風味を楽しむため、フェットゥンタを食べます。フェットゥンタは、軽くトーストしたパンにガーリックをこすりつけて軽く塩をふり、エクストラバージンオリーブオイルをたっぷりかけたら出来上がりです。搾りたてオリーブオイル限定商品ですので一度お試しください。 そのフェットゥンタの味を見て味が薄く感じれば繊細な食材に、味が強く感じれば濃いめの食材や料理にお使いください。

インテンス(ストロング)・フルーティー

クアットロチョッキ社 
(イタリア ラツィオ州)

ローマがあるラツィオ州に位置するこのオーガニックファームは、ライトフルーティーからインテンスフルーティーにいたる単品種オリーブオイルの生産で、近年素晴らしいパフォーマンスを続けています。
モライオーロ単品種のインテンスフルーティーオイルは、とりわけバナナやパイナップル、トマトそしてアーティチョークの豊かなアロマが感じられます。
苦みと辛みは程よくバランスがとれています。

2016年度 FLOS OLEI 98点
オリーブ品種:モライオーロ(100%)
農園海抜:400~700m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ビーフシチュー、ローストビーフ、
仔牛のサルティンボッカ バーベキュー(チキングリル)、
カルボナーラ、ゴルゴンゾーラのリゾット、
ジャガイモとニラのパンケーキ、ハヤシライス、ハンバーグ、
豚汁、ミモレットチーズ

リブランディ社
(イタリア カラブリア州)

リブランディは6年連続でFLOS OLEIの最高得点を獲得。
南イタリアを代表する品種ノチェラーラ・デル・ベリーチェの単品種オイルは、バナナや熟したトマト等の果実味あふれるニュアンスにミントやセージのような力強いハーブのアロマが特徴です。
レタスとセロリを思わせる辛味と苦味、しっかりとした味わいを堪能できます。

2016年度 FLOS OLEI 98点
オリーブ品種:ノチェラーラ・デル・ベリーチェ(100%)
農園海抜:100~500m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ポルチーニの前菜、ツナサラダ、生姜焼き、
サラミ、 サンマや寒ブリなど脂がのったお魚のグリル、
とんこつラーメン、 カレーライス、ステーキ、
仔羊のグリル、 仔羊のコストレッテ コセンティーナ風、
ゴルゴンゾーラチーズ

レ・トゥレ・コロンネ社 
(イタリア プーリア州)

FLOS OLEI本を監修し、オリーブオイルテイスターであるマルコ・オレッジャ氏が選んだスーパーインテンスフルーティーオリーブオイル。
このコラティーナ単品種のオリーブオイルは、ポリフェノールの含有量が極めて多く苦みが強く刺激があります。
ライトグリーン色調を備えた透明な黄橙色のオリーブオイルは、ミントのアロマをヒントに、チコリー、レタス、黒コショウ、アーモンドの強い風味と上品な芳醇を持っています。
肉料理やバーベキューにおすすめです。

2016年度 FLOS OLEI  96点
ベストエクストラバージンオリーブオイル 搾油方法部門受賞

オリーブ品種:コラティーナ(100%)
農園海抜:40~60m
収穫方法: 機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ジビエ料理、ホルモン焼き、カツオのたたき
濃厚なクリームチーズパスタ、ワッシュドチーズ

アロデン社
(スペイン・アンダルシア州)

スペインはアンダルシア地方にあるアロデン社は、わずか32人のスタッフで10万本以上のオリーブの木を管理しているため、最先端の搾油機械を用いてオリーブオイルを作っています。 ホヒブランカ100%の単品種のオリーブオイルは、少し緑がかった透き通った黄金色で、熟したトマトや、バナナや白リンゴやバジルなどの芳醇なアロマを有します。 特徴的なしっかりとした苦味と辛味は、味の濃い料理などによく合います。

2016年度FLOS OLEI 97点
オリーブ品種:ホヒブランカ(100%)
農園海抜:650m
収穫方法: 叩いて落とす・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ビーフカルパッチョ、マグロやタコのマリネ、ジビエ料理、熟成したゴーダチーズ


クアットロチョッキ社 
(イタリア ラツィオ州)

店頭限定販売の商品になります。
*2016年10月下旬以降販売予定

2016年度 FLOS OLEI 98点
オリーブ品種:イトラーナ種(100%)
農園海抜:400~700m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング: フェットゥンタ

イタリアでは、その年のオリーブオイルの出来を味わう収穫祭があり ます。毎年違うオリーブオイルの味や風味を楽しむため、フェットゥンタを食べます。フェットゥンタは、軽くトーストしたパンにガーリックをこすりつけて軽く塩をふり、エクストラバージンオリーブオイルをたっぷりかけたら出来上がりです。搾りたてオリーブオイル限定商品ですので一度お試しください。 その味を見てお好きな料理にお使いください。

cooking olive oil

フェレア・グッズ社
(ギリシャ・クレタ島)

ギリシャ神話ゼウスの神が産まれたとされるクレタ島北部より届いたオリーブ品種コロネイキ100%の調理用オリーブオイル。
オリーブオイルがクッキングオイルにも適している理由として、スモーキングポイント(油が熱で焦げはじめ酸化する温度)が通常の食用油の180℃に比べ、オリーブオイルは210℃だからです。必要以上に熱しない限り、栄養素はそのまま残り低い酸度とオレイン酸が豊富に含まれていることがおすすめの理由です。
炒め物や揚げ物、焼き物などに是非お使いください。

オリーブ品種:コロネイキ(100% )
農園海抜: 400m~550m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:揚げものや炒めものなど幅広くお使い頂けます。 DOP(保護原産地呼称)

世界最高品質のオリーブオイル

OLiVOは『FLOS OLEI』でその年に最高評価を獲得したBEST20ならびにTOP FARMの中から厳選した『旬』のものや、珍しいオリーブ品種で作られたオリーブオイル、またその他の権威ある大会で受賞しているオリーブオイルを世界各地の生産者から直輸入しています。
FLOS OLEI 2015年度版では、5大陸、世界47ヶ国の生産者がエントリーし、厳正に審査を通過した500のオリーブオイル生産者とそのオリーブオイルが明快な解説とともに掲載されています。

FLOS OLEIとは?

オリーブオイル界で最も権威のあるテイスターの一人であるマルコ・オレッジャ氏が監修するインターナショナル・オリーブオイルガイド。
単なるオリーブオイルの格付けにとどまらず、世界の各国のオリーブオイルトレンドの紹介から、合理的かつユニークな視点でのオリーブオイル生産者を評価したガイドブックとなっています。
オリーブの育成から収穫方法、オイルの生産工程、保存や輸送といった品質に影響を与える項目には、農学エンジニアの肩書を持つマルコ・オレッジャならではの詳細で客観的な評価が貫かれている一方、生産者の情熱や“愛情”までもがその審査の対象となっており“MADE WITH LOVE”はFLOS OLEIにおける重要なキーワードとなっています。
FLOS OLEIは世界中の高品質なオリーブオイルの保護と普及を目的としているグローバルな“プロジェクト”なのです。
このFLOS OLEIの理念に共鳴するOLiVOは、オレッジャ氏や生産者との交流を通じて巡り合った優れたオリーブオイルを、生産者のストーリーと共に日本の皆様にお伝えしていきます。


FLOS OLEI2015レセプション会場にて



オリーブオイルの量り売り

OLiVOの店頭では、オリーブオイルの鮮度を保つためにイタリア製フストを使用しております。このステンレス製オリーブオイルタンクは遮光性や密閉性に優れ、エクストラバージンオリーブオイルの命であるフルーティーさを保護します。
全てのオリーブオイルはテイスティングできます。その鮮度と個性をお確かめください。


店頭でお好みのオリーブオイルを瓶に詰め致します。また直営店以外では遮光パックや箱に入れて販売しております。


オリーブオイルへのこだわり

今までカンチェーミ・コーポレーションでは、オリーブオイルを飛行機と船の両方で輸入を行ってきましたが、品質保持の為今後は全て空輸のみでの輸入となります。
最大要因として、特にヨーロッパからの船便は赤道を2回通過します。もっとも、シンガポールなどの熱帯地域の港でオリーブオイルを積んだコンテナを他の船に移し替える作業が行われます。仮にリーファ(温度管理)輸入であっても、オリーブオイルは港で3日間から最大1週間放置されてしまうこともあります。
空輸することで温度変化や光に敏感なオリーブオイルを不要なリスクと劣化から守ることができます。
空輸は船便よりコストはかかってしまいますが、オリーブオイルの品質保持を最優先に考えるカンチェーミ・コーポレーションとしては、現地とできるだけ同様に一番良い状態でオリーブオイルを提供したいと思っております。


オリーブオイルを「使い分ける」楽しさ&美味しさ

エクストラバージンオリーブオイルはオリーブの実を搾っただけの“オリーブのジュース”。オリーブという果実が持っている風味がそのまま残っています。
これがオリーブオイルの“フルーティーさ“です。 このフルーティーさの強弱によって、オリーブオイルはライト、ミディアム、インテンス(ストロング)の三タイプに分類できます。

イラスト配色はイメージです。
オリーブオイルの色は、品種や収穫時期によって異なり、フルーティーさや鮮度・風味などには比例しません。

異なるフルーティーレベルを揃える楽しさ。
それぞれのタイプのオイルが揃うと様々な料理に合わせる事ができる為、オリーブオイルを本当に美味しく楽しく使いこなすには“オリーブオイルは三種類揃えたい”ということです。

ライトフルーティーオイルは淡白な料理、繊細な食材にマッチします。素材の良さを邪魔したり消したりせずにオリーブオイルのフルーティーさを加えてより風味を引き立てますので、お豆腐やサラダにお使い下さい。
インテンスフルーティーオイルはしっかりとした味の料理にマッチします。ビーフシチュー、ステーキ、ゴルゴンゾーラチーズの様な食材の美味しさや風味を引き出すには、それに負けない力強いフルーティーさが必要になります。
ミディアムフルーティーオイルはその中間で種類も豊富です。パンやパスタの仕上げ等にお使い下さい。

そして、同じフルーティーレベルのオイルでも、マイルドなタイプとスパイシーなタイプ等異なる個性があり、違った味わいができるということ、さらに、苦みや辛みが決してネガティブな要素でないことも食材とのペアリングで実感していただけると思います。
オリーブオイルが与える料理へのインパクトの違いが分かるとオリーブオイル選びはとても楽しくなります。

ライト・フルーティー

ボナミーニ社
(イタリア ヴェネト州)

北イタリアはヴェローナにあるボナミーニ社はFLOS OLEI DOP(保護原産地呼称)ライトフルーティーオリーブオイル部門で2011年より4年連続最優秀賞に選ばれました。
ジャンカルロとサブリナ夫妻は農園を所有せず同じ地域の厳選したオリーブからオリーブオイルを作ります。黄金色のオイルは複雑なアロマの中に洋ナシやバナナ、リンゴなどフルーツのエレガントな香りが漂います。ライトフルーティーな味わいは口当たりがマイルドな食材と相性がいいです。

2015年度 FLOS OLEI 97点
オリーブ品種:ファヴァロール(50%)、グリニャン(50%)
農園海抜: 170m ~200m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:冷奴(豆腐と粗塩)、シーフードサラダ、
温野菜、野菜のフリット あさりやハマグリの酒蒸し、
アスパラガスのリゾット、白身魚のマリネやカルパッチョ、
甲殻類のパスタ、モッツァレラチーズやアイスクリーム

オリオ・プリモ社
(イタリア ラツィオ州)

完売のため販売終了

クリアな黄金色のこのオリーブオイルはユニークで希少な製品です。バナナ、草、アーティチョークのアロマ、アーモンドの余韻がほのかに苦みをもたらします。 マリーナ種のオリーブはイタリア中部の山間に位置するヴァル・ディ・コミノ周辺にしかない希少品種です。以前は苦みや辛みが強すぎる為、マイルドなオイルとブレンドされていましたが、近年マリーナ種が極めてポリフェノールの含有量が多いことが分かり、今では単品種のオリーブオイルとして楽しむことができるようになりました。

オリーブ品種: マリーナ (100%)
農園海抜: 700m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ミネストローネスープ、繊細な味の和惣菜、きんぴらごぼう、春菊や小松菜のおひたし、ベイクドポテト、根菜グリル、ワラビやゼンマイなどの山菜類、 エメンタールチーズ

タルボット・グローブ社
(オーストラリア 西オーストラリア州)

*2015年6月以降販売予定

西オーストラリア州ヨークのタルボット・グローブ。広がりのあるフルーティーなアロマを有するネヴァディロ単品種のオイルは、地中海地域のオイルとは一線を画した個性的な味わいが魅力です。そのアロマは桃やバナナを彷彿とさせ、バジルやユーカリの香りも有しています。複雑でありながらバランスの取れた味わいは、苦みがとても強く、辛みも際立っています。醤油との相性が抜群で和食によく合います。

2015年度FLOS OLEI 94点
オリーブ品種: ネヴァディロ(100%)
農園海抜: 300m
収穫方法: 機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:和風パスタ、根野菜のきんぴら、
チェダーチーズ 醤油と混ぜてほうれん草のおひたしやタコや貝類の刺身、押し寿司、握り寿司

エンツォ社
(アメリカ カルフォルニア州)

*2015年7月4日販売予定

エンツォ社はカルフォルニア州最大のオーガニックオリーブオイル生産者です。
デリケートなアルベッキーナ品種100%のこのオリーブオイルはバターのような芳醇でマイルドな口当たり、味わいが特徴です。

オリーブ品種: アルベッキーナ100%
農園海抜: 100m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:アワビやホタテなど魚介のグリル、ポテトのオーブン焼き、クッキー、ブリーチーズ

プロドット・ディ・イタリア社
(イタリア プーリア州)

*2015年11月中旬販売予定定

1985年に設立したプロドット・ディ・イタリア社は生産管理を優先する会社、いい状態のままオリーブオイルを搾油する為、朝の早い時間から収穫を始めます。 収穫したばかりの実を熟させる太陽の光までも気にしながら収穫時間を急ぎ、厳選したオリーブの実で上質なオリーブオイルを造ります。 オリーブオイルについて研究している生産者ならではのこだわりのブレンドオリーブオイルです。


オリーブ品種: チェリナディナルド(40%)、オリアローラ(60%)
農園海抜: 36m~105m
収穫方法:機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:野菜のブルスケッタ、豆のサラダ、トマトリゾット詰め、 マッシュルームのリゾット、エビのシチュウ、モッツァレラチーズ

モルゲンスター社
オリーブオイル ~モンテマルチェッロ~
南アフリカ サマーセットウェスト

南アフリカ産遅摘み搾りたてオリーブオイル日本初上陸!生産者の故郷であるイタリアの海岸部リグーリア州では、遅摘みされたタジャスカ品種のオリーブオイルが美味とされます。現オーナーは、南アフリカでもイタリアの昔ながらの製法の搾油方法にこだわり、熟した高品質のオリーブの実だけを厳選し、出来の良い年のみに搾油します。
黄金色に輝くベルベットのような口当たりのオリーブオイルは、甘みも顕著で、南半球の搾りたてオリーブオイルならではの風味をお楽しみいただけます。

2015年度FLOS OLEI 98点
オリーブ品種:タジャスカ (100%)
農園海抜: 200m~250m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
ペアリング料理:ハマグリやホタテのワイン蒸し、摘みたてトマト、サラダ菜、ズワイガニ、グリルした魚、イタリアンブレット

高尾農園

*2015年11月販売予定 
(季節限定商品、希少な為数に限りがございます)

日本は小豆島にある高尾農園で作り出されるオリーブオイルは透明感のある黄金色をしておりローズマリーやミントの香りを放ち、 口の中では黒コショウやアーモンドの味がほのかにします。エレガントで軽やかなドルチェタイプのオリーブオイルです。

オリーブ品種: ルッカ (100%)
農園海抜:30~100m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:トマトのブルスケッタ、 焼きシイタケ、
温野菜、鶏肉のマリネ、お味噌汁

高尾農園

*2015年11月販売予定 
(季節限定商品、希少な為数に限りがございます)

日本は小豆島にある高尾農園で作り出されるオリーブオイル、今年初のネバディロ品種は透明感のあるやや黄緑色のオリーブオイルです。やさしい苦味と辛さがありますのでお醤油や日本食との相性がいいです。

オリーブ品種: ネヴァディロ (100%)
農園海抜:30~100m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:金平ごぼう、小松菜のおひたし、焼きなす、湯葉、お味噌汁

ミディアム・フルーティー

プルネーティ社
(イタリア トスカーナ州)    

ジョンニとパオロ兄弟が運営する大きな農園はワインの名産地トスカーナ州のキャンティクラシコの中心に位置しています。農園ではオリーブの木を約12500本も所有している名門会社です。
プルネーティ社にオリーブの割合を依頼し作ったOLiVOオリジナルブレンド。
トスカーナならではの苦さと辛みがうまく調和したオリーブオイルです。

2015年度 FLOS OLEI 97点
OLiVOオリジナルブレンド

オリーブ品種:フラントイオ(20%)、レッチーノ(40%) モライオーロ(20%)、ペンドリーノ(20%)
農園海抜: 320m~380m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:トマトのブルスケッタ、ツナサラダ、
野菜や豆のスープ、ミートソース、 ソーセージのパスタ、
メカジキのグリル、肉じゃが、スカモルツァアフミカータチーズ


ディジーザ社
(イタリア シチリア州)

単品種のこの素晴らしいオイルはアラビア語で“輝かしい”を意味するディジーザという名の農園で作られています。透き通った黄金色で、リンゴやトマトの果実味を感じるふくよかで芳醇なアロマを有します。レタスやブラックペッパーの風味はエレガントでバランスの取れた味わいです。

2015年度 FLOS OLEI 96点
オリーブ品種: チェラスオーラ(100%)
農園海抜: 400m~500m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:サーモンのマリネ、
カポナータ(野菜のトマト煮込み)、ポテトサラダ、
ムール貝のトマト煮、ジャーマンポテト、クラムチャウダー、
菜の花のおひたし、カマンベールチーズ

オルシーニ社 
(イタリア ラツィオ州)

翡翠の様な深い緑色のこのオリーブオイルは熟したトマトやバナナの豊かなアロマだけでなくセロリやレタスといった野菜のニュアンスも感じられ、強い苦みと程よい辛みのある複雑な味わいです。
100年以上続くこの農園のオリーブオイルはイタリア全土の大会でNo.1に輝いた、イタリアを代表するミディアムフルーティーオイルです。

2015年度 FLOS OLEI 96点
オリーブ品種: イトラーナ (100%)
農園海抜: 150m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:焼いたキノコ類、青魚のアペタイザー、
タコのマリネ、 鱈のピューレ(バッカラ・マンテカート)、
焼きそば、 ブロッコリーのスープ、豆サラダ、
トマトのブルスケッタ、ペコリーノチーズ

イアモス社
(ギリシャ・クレタ島)

モナストゥリアコ(修道院) の名前の由来通り、クレタ島の南端に修道院があった場所で搾油されるオリーブオイル。
気候も温かく日照時間も長い、石灰質の土壌で育ったオリーブの実(コロネイキ種)を一つ一つ丁寧に手で摘み取るため、収穫量が少ない希少なオリーブオイルです。
摘みたての新茶のようなまろやかな味わいの中に、ナッツ系の辛味も味わえるオリーブオイルです。

品種:コロネイキ100% 
農園海抜:0~300m   
収穫方法:手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:硬めのパン、豆とトマトのスープ、
ポタージュスープ、根菜温野菜、おくらのサラダ、
白身魚のグリル、パルメザンチーズ

コッリ エトゥルスキ社
(イタリア・ラツィオ州)

*2015年8月28日販売予定

イタリア、ラツィオ州から届くミディアムフルーティーオリーブオイルは1965年からブレーラ地域のオリーブオイル農園所有者38名で4万本のオリーブの木を育てています。
FLOS OLEI 2015では97点を獲得した実力あるオーガニックオリーブオイル会社です。
口当たりも優しくやわらかい味わいが特徴です。

2015年度FLOS OLEI 97点
オリーブ品種:カニネーゼ100%
農園海抜: 320m
収穫方法:手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:タコのカルパッチョ、マグロのマリネ、マッシュルームサラダ、豆のスープ、ローストチコリ、クリームチーズ

フィゴリ社
(イタリア・カラブリア州)

*2015年9月販売予定

イタリア、カラブリア州コセンツァ地域で70年前おじいさんの代からオリーブオイルを育てています。
現在3代目に受け継がれ最新の機械を使いオーガニックオリーブオイルをつくっています。
3種類のオリーブをブレンドしたこのオリーブオイルは熟されていないフレッシュなトマトのような苦味が強く辛みもはっきり感じられるオリーブオイルです。

2015年度FLOS OLEI 96点
オリーブ品種:カロレア60%、コラティーナ20%、ドルチェ・ディ・ロッサーノ20%
農園海抜: 30m
収穫方法:機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:キノコ類のグリル、ミネストローネスープ、ほうれん草のサラダ、豚のBBQグリル、パスタミートソース、ベルパエーゼチーズ

リブランディ社
(イタリア カラブリア州) 

店頭限定販売の商品になります。
*2015年10月下旬以降販売予定

2015年度 FLOS OLEI 98点
ベストオーガニックファーミング生産者部門 世界一受賞

オリーブ品種:カロレア(100%)
農園海抜:100~500m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:フェットゥンタ
イタリアでは、その年のオリーブオイルの出来を味わう収穫祭があり ます。毎年違うオリーブオイルの味や風味を楽しむため、フェットゥンタを食べます。フェットゥンタは、軽くトーストしたパンにガーリックをこすりつけて軽く塩をふり、エクストラバージンオリーブオイルをたっぷりかけたら出来上がりです。搾りたてオリーブオイル限定商品ですので一度お試しください。 そのフェットゥンタの味を見て味が薄く感じれば繊細な食材に、味が強く感じれば濃いめの食材や料理にお使いください。

インテンス(ストロング)・フルーティー

クアットロチョッキ社 
(イタリア ラツィオ州)

ローマがあるラツィオ州に位置するこのオーガニックファームは、ライトフルーティーからインテンスフルーティーにいたる単品種オリーブオイルの生産で、近年素晴らしいパフォーマンスを続けています。
モライオーロ単品種のインテンスフルーティーオイルは、とりわけバナナやパイナップル、トマトそしてアーティチョークの豊かなアロマが感じられます。苦みと辛みは程よくバランスがとれています。

2015年度 FLOS OLEI 98点
最優秀オリーブオイル生産者部門 世界一受賞

オリーブ品種:モライオーロ(100%)
農園海抜:400~600m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ビーフシチュー、ローストビーフ、
仔牛のサルティンボッカ バーベキュー(チキングリル)、
カルボナーラ、ゴルゴンゾーラのリゾット、
ジャガイモとニラのパンケーキ、ハヤシライス、ハンバーグ、
豚汁、ミモレットチーズ

リブランディ社
(イタリア カラブリア州)

リブランディは5年連続でFLOS OLEIの最高得点を獲得。
南イタリアを代表する品種ノチェラーラ・デル・ベリーチェの単品種オイルは、バナナや熟したトマト等の果実味あふれるニュアンスにミントやセージのような力強いハーブのアロマが特徴です。レタスとセロリを思わせる辛味と苦味、しっかりとした味わいを堪能できます。

2015年度 FLOS OLEI 98点
ベストオーガニックファーミング生産者部門 世界一受賞

オリーブ品種:ノチェラーラ・デル・ベリーチェ(100%)
農園海抜:100~500m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ポルチーニの前菜、ツナサラダ、生姜焼き、
サラミ、 サンマや寒ブリなど脂がのったお魚のグリル、
とんこつラーメン、 カレーライス、ステーキ、
仔羊のグリル、 仔羊のコストレッテ コセンティーナ風、
ゴルゴンゾーラチーズ

ヴィオラ社
(イタリア ウンブリア州)

若い起業家マルコ・ヴィオラが経営する農園はイタリア中部のウンブリア州ペルージャにあります。穏やかな緑色の美しいオイルは、アーティチョークやバジルの豊かなアロマを放ちます。 味わいはストロングですが、とても均整のとれた味わい。レタスやブラックペッパーのニュアンスがあり、後味にアーモンドの風味を感じます。

2015年度 FLOS OLEI 98点
ベストエクストラバージンオリーブオイル部門 世界一受賞
オリーブ品種:モライオーロ(100%)
農園海抜: 300m〜450m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング: グリルしたキノコ類、メカジキのマリネ、
生ハム、 すき焼き、ポトフ、鍋焼きうどん、ソーセージ、
ゴーダチーズ

レ・トゥレ・コロンネ社 
(イタリア プーリア州)

FLOS OLEI本を監修し、オリーブオイルテイスターであるマルコ・オレッジャ氏が選んだ 2014年スーパーインテンスフルーティーオリーブオイル。
このコラティーナ単品種のオリーブオイルは、ポリフェノールの含有量が極めて多く苦みが強く刺激があります。
ライトグリーン色調を備えた透明な黄橙色のオリーブオイルは、ミントのアロマをヒントに、チコリー、レタス、黒コショウ、アーモンドの強い風味と上品な芳醇を持っています。
ジビエ料理や夏に向けてバーベキューにおすすめです。

2015年度 FLOS OLEI 93点
オリーブ品種:コラティーナ(100%)
農園海抜:40~60m
収穫方法: 機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ジビエ料理、ホルモン焼き、カツオのたたき
濃厚なクリームチーズパスタ、ワッシュドチーズ

アロデン社
(スペイン・アンダルシア州)

スペインはアンダルシア地方にあるアロデン社はFLOS OLEI 2015でDOP(保護原産地呼称)インテンス(ストロング)フルーティーオリーブオイル部門で最優秀賞に選ばれました。
わずか32人のスタッフで10万本以上のオリーブの木を管理しているため、最先端の搾油機械を用いてオリーブオイルを作っています。
ホヒブランカ100%の単品種のオリーブオイルは、少し緑がかった透き通った黄金色で、熟したトマトや、バナナや白リンゴやバジルなどの芳醇なアロマを有します。
特徴的なしっかりとした苦味と辛味は、味の濃い料理などによく合います。

2015年度FLOS OLEI 97点
DOP(保護原産地呼称)
インテンス(ストロング)フルーティー部門 
世界一受賞

オリーブ品種:ホヒブランカ(100%)
農園海抜:650m
収穫方法: 叩いて落とす・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ビーフカルパッチョ、マグロやタコのマリネ、ジビエ料理、熟成したゴーダチーズ


クアットロチョッキ社 
(イタリア ラツィオ州)

店頭限定販売の商品になります。
*2015年10月下旬以降販売予定

2015年度 FLOS OLEI 98点
最優秀オリーブオイル生産者部門 世界一受賞
オリーブ品種:イトラーナ種(100%)
農園海抜:400~600m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング: フェットゥンタ          
イタリアでは、その年のオリーブオイルの出来を味わう収穫祭があり ます。毎年違うオリーブオイルの味や風味を楽しむため、フェットゥンタを食べます。フェットゥンタは、軽くトーストしたパンにガーリックをこすりつけて軽く塩をふり、エクストラバージンオリーブオイルをたっぷりかけたら出来上がりです。搾りたてオリーブオイル限定商品ですので一度お試しください。 その味を見てお好きな料理にお使いください。


cooking olive oil

フェレア・グッズ社
(ギリシャ・クレタ島)

ギリシャ神話ゼウスの神が産まれたとされている地域、クレタ島の北部ミロポタモス、レジィモン地方より届いた調理用オリーブオイル。島の最も高いとされるイダ山の根より平原にかけオリーブの木が立ち、暖かく穏やかな気候で育ったオリーブ品種コロネイキ100%で作ったオリーブオイルです。
火を通してもオリーブオイル独特の香りや味がしないのでクッキングエクストラバージンオリーブオイルとして、炒め物や揚げ物、焼き物にお使いいただく事をおすすめします。
オリーブオイルがクッキングオイルに最適なのは、スモーキングポイント(油が高温で熱しられ焦げはじめ酸化する温度)が高いからだと言われています。
通常サラダ油のスモーキングポイントは180℃、コーン油やバターなどはそれよりも低いスモーキングポイントである一方、オリーブオイルのスモーキングポイントは210℃です。
揚げ物は180℃で揚げることが多いので、180℃よりもスモーキングポイントが高いオリーブオイルは揚げ物に向いていると言う事になります。
必要以上に熱しない限り、他のサラダ油に比べるとオリーブオイルの栄養素はそのまま残ります。酸度が低い以上にオレイン酸が沢山含まれていることもおすすめの理由です。

オリーブ品種:コロネイキ100%
農園海抜: 400m‐550m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:揚げものや炒めものなど幅広くクッキングオリーブオイルとしてお使い頂けます。
DOP(保護原産地呼称)

世界最高品質のオリーブオイル

OLiVOは『FLOS OLEI』でその年に最高評価を獲得したBEST20ならびにTOP FARMの中から厳選した『旬』のものや、珍しいオリーブ品種で作られたオリーブオイル、またその他の権威ある大会で受賞しているオリーブオイルを世界各地の生産者から直輸入しています。
FLOS OLEI 2014年度版では、5大陸、世界47ヶ国の生産者がエントリーし、厳正に審査を通過した500のオリーブオイル生産者とそのオリーブオイルが明快な解説とともに掲載されています。

FLOS OLEIとは?

オリーブオイル界で最も権威のあるテイスターの一人であるマルコ・オレッジャ氏が監修するインターナショナル・オリーブオイルガイド。
単なるオリーブオイルの格付けにとどまらず、世界の各国のオリーブオイルトレンドの紹介から、合理的かつユニークな視点でのオリーブオイル生産者を評価したガイドブックとなっています。
オリーブの育成から収穫方法、オイルの生産工程、保存や輸送といった品質に影響を与える項目には、農学エンジニアの肩書を持つマルコ・オレッジャならではの詳細で客観的な評価が貫かれている一方、生産者の情熱や“愛情”までもがその審査の対象となっており“MADE WITH LOVE”はFLOS OLEIにおける重要なキーワードとなっています。
FLOS OLEIは世界中の高品質なオリーブオイルの保護と普及を目的としているグローバルな“プロジェクト”なのです。
このFLOS OLEIの理念に共鳴するOLiVOは、オレッジャ氏や生産者との交流を通じて巡り合った優れたオリーブオイルを、生産者のストーリーと共に日本の皆様にお伝えしていきます。


マルコ・オレッジャ氏(左)と
弊社ローマ支社長
ティーナ・カンチェーミ(右)
FLOS OLEI2013レセプション会場にて

オリーブオイルの量り売り

OLiVOの店頭では、オリーブオイルの鮮度を保つためにイタリア製フストを使用しております。このステンレス製オリーブオイルタンクは遮光性や密閉性に優れ、エクストラバージンオリーブオイルの命であるフルーティーさを保護します。
全てのオリーブオイルはテイスティングできます。その鮮度と個性をお確かめください。


店頭でお好みのオリーブオイルを瓶に詰め致します。 また直営店以外では遮光パックに入れて販売しております。

オリーブオイルを「使い分ける」楽しさ&美味しさ

エクストラバージンオリーブオイルはオリーブの実を搾っただけの“オリーブのジュース”。オリーブという果実が持っている風味がそのまま残っています。
これがオリーブオイルの“フルーティーさ“です。 このフルーティーさの強弱によって、オリーブオイルはライト、ミディアム、インテンス(ストロング)の三タイプに分類できます。

イラスト配色はイメージです。
オリーブオイルの色は、品種や収穫時期によって異なり、フルーティーさや鮮度・風味などには比例しません。

異なるフルーティーレベルを揃える楽しさ。
それぞれのタイプのオイルが揃うと様々な料理に合わせる事ができる為、オリーブオイルを本当に美味しく楽しく使いこなすには“オリーブオイルは三種類揃えたい”ということです。

ライトフルーティーオイルは淡白な料理、繊細な食材にマッチします。素材の良さを邪魔したり消したりせずにオリーブオイルのフルーティーさを加えてより風味を引き立てますので、お豆腐やサラダにお使い下さい。
インテンスフルーティーオイルはしっかりとした味の料理にマッチします。ビーフシチュー、ステーキ、ゴルゴンゾーラチーズの様な食材の美味しさや風味を引き出すには、それに負けない力強いフルーティーさが必要になります。
ミディアムフルーティーオイルはその中間で種類も豊富です。パンやパスタの仕上げ等にお使い下さい。

そして、同じフルーティーレベルのオイルでも、マイルドなタイプとスパイシーなタイプ等異なる個性があり、違った味わいができるということ、さらに、苦みや辛みが決してネガティブな要素でないことも食材とのペアリングで実感していただけると思います。
オリーブオイルが与える料理へのインパクトの違いが分かるとオリーブオイル選びはとても楽しくなります。

ライト・フルーティー

ボナミーニ社
(イタリア ヴェネト州)

北イタリアはヴェローナにあるボナミーニ社はFLOS OLEI2014のDOP(保護原産地呼称)ライトフルーティーオリーブオイル部門で最優秀に選ばれ、4年連続世界一に輝きました。
ジャンカルロとサブリナ夫妻は農園を所有せず同じ地域の厳選したオリーブからオリーブオイルを作ります。黄金色のオイルは複雑なアロマの中に洋ナシやバナナ、リンゴなどフルーツのエレガントな香りが漂います。ライトフルーティーな味わいは口当たりがマイルドな食材と相性がいいです。

2014年度 FLOS OLEI 97点
DOP(保護原産地呼称)ライトフルーティー部門 
世界一受賞

オリーブ品種:ファヴァロール(50%)、グリニャン(50%)
農園海抜: 170m ~200m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:冷奴(豆腐と粗塩)、シーフードサラダ、
温野菜、野菜のフリット あさりやハマグリの酒蒸し、
アスパラガスのリゾット、白身魚のマリネやカルパッチョ、
甲殻類のパスタ、モッツァレラチーズやアイスクリーム

ガブリエローニ社 
(イタリア マルケ州)

ガブリエローニ姉妹(エリザベータとガブリエーラ)が祖父から譲り受け1955年に設立されたオリーブ農園で作り出すオリーブオイルブレンドは、バジルやアーティチョークの香りを放ち、口の中でチコリーやレタスの緑葉の味も広がる非常にエレガントで上品な香り高いオリーブオイルです。

2014年度 FLOS OLEI 95点
オリーブ品種:フラントイオ、レッチーノ(50%)、
コロンチナ、ピアントネ、モリアノ(20%)、アスコラーナテネラ(5%)、その他 (25%)
農園海抜:220m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法:伝統的な石臼を使った方法
推奨ペアリング:エビのグリル、葉ものサラダ、マヨネーズ、豆乳 野菜の天ぷら、豆類、ブリーチーズ

オリオ・プリモ社
(イタリア ラツィオ州)

クリアな黄金色のこのオリーブオイルはユニークで希少な製品です。バナナ、草、アーティチョークのアロマ、アーモンドの余韻がほのかに苦みをもたらします。 マリーナ種のオリーブはイタリア中部の山間に位置するヴァル・ディ・コミノ周辺にしかない希少品種です。以前は苦みや辛みが強すぎる為、マイルドなオイルとブレンドされていましたが、近年マリーナ種が極めてポリフェノールの含有量が多いことが分かり、今では単品種のオリーブオイルとして楽しむことができるようになりました。

オリーブ品種: マリーナ (100%)
農園海抜: 700m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ミネストローネスープ、繊細な味の和惣菜、きんぴらごぼう、春菊や小松菜のおひたし、ベイクドポテト、根菜グリル、ワラビやゼンマイなどの山菜類、 エメンタールチーズ

タルボット・グローブ社
(オーストラリア 西オーストラリア州)

*2014年7月以降販売予定 (季節限定商品)

西オーストラリア州ヨークのタルボット・グローブ。広がりのあるフルーティーなアロマを有するネヴァディロ単品種のオイルは、地中海地域のオイルとは一線を画した個性的な味わいが魅力です。そのアロマは桃やバナナを彷彿とさせ、バジルやユーカリの香りも有しています。複雑でありながらバランスの取れた味わいは、苦みがとても強く、辛みも際立っています。醤油との相性が抜群で和食によく合います。
2013年度、ネヴォディロ種の収穫は極わずかでしたが、毎年楽しみにしてくれているファンがいることをタルボット社に伝え、全世界でOLiVOだけに商品を販売してくれた人気の品種です。

オリーブ品種: ネヴァディロ(100%)
農園海抜: 300m
収穫方法: 機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:和風パスタ、根野菜のきんぴら、
チェダーチーズ 醤油と混ぜてほうれん草のおひたしやタコや貝類の刺身、押し寿司、握り寿司

トランポリーニ社
(イタリア ウンブリア州)

*2014年2月販売予定 (季節限定商品)

ウンブリア州の中でもトラジメノ湖周辺及びペルージャのみ収穫できる特別なオリーブ品種、ドルチェ アゴージャ(Dolce Agogia)。
収穫期が他の品種よりも早い上にとても短く収穫量も少ない為、希少価値が非常に高い品種とされています。
曲がらず真っ直ぐな枝を持ち、短めの楕円形で、Medio-leggero(ミディアムライトフルーティー)に分類される味はとてもまろやかで後味に辛みや苦味が程よく残るオリーブオイルです。 トランポリーニ社は1200年代、既にテンプル騎士団が搾油所として使用していたフラントイオ(オリーブオイル搾油所)を1785年に受け継ぎ、厳格に家族経営を守りながら今日に至るまでオリーブオイルを搾り続けている会社です。

オリーブ品種:ドルチェ アゴージャ(100%)
農園海抜:300m~600m
収穫方法:手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:あさりのワイン蒸し、魚介のカルパッチョ、
煮魚、モッツァレラチーズ、チョコレートケーキ、クッキー

モルゲンスター社
オリーブオイル ~モンテマルチェッロ~
南アフリカ サマーセットウェスト

南アフリカ産遅摘み搾りたてオリーブオイル日本初上陸!生産者の故郷であるイタリアの海岸部リグーリア州では、遅摘みされたタジャスカ品種のオリーブオイルが美味とされます。現オーナーは、南アフリカでもイタリアの昔ながらの製法の搾油方法にこだわり、熟した高品質のオリーブの実だけを厳選し、出来の良い年のみに搾油します。
黄金色に輝くベルベットのような口当たりのオリーブオイルは、甘みも顕著で、南半球の搾りたてオリーブオイルならではの風味をお楽しみいただけます。

オリーブ品種:タジャスカ (100%)
農園海抜: 200m~250m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
ペアリング料理:ハマグリやホタテのワイン蒸し、摘みたてトマト、サラダ菜、ズワイガニ、グリルした魚、イタリアンブレット

高尾農園

*2014年11月販売予定 
(季節限定商品、希少な為数に限りがございます)

日本は小豆島にある高尾農園で作り出されるオリーブオイルは透明感のある黄金色をしておりローズマリーやミントの香りを放ち、 口の中では黒コショウやアーモンドの味がほのかにします。エレガントで軽やかなドルチェタイプのオリーブオイルです。

オリーブ品種: ルッカ (100%)
農園海抜:30~100m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:トマトのブルスケッタ、 焼きシイタケ、
温野菜、鶏肉のマリネ、お味噌汁

高尾農園

*2014年11月販売予定 
(季節限定商品、希少な為数に限りがございます)

日本は小豆島にある高尾農園で作り出されるオリーブオイル、ノンフィルタータイプのオリーブオイルです。 お醤油や日本食との相性が合います。

オリーブ品種: ミッション (100%)
農園海抜:30~100m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:根菜の煮物、なすのおひたし、お豆富、お味噌汁

ミディアム・フルーティー

プルネーティ社
(イタリア トスカーナ州)    

ジョンニとパオロ兄弟が運営する大きな農園はワインの名産地トスカーナ州のキャンティクラシコの中心に位置しています。農園ではオリーブの木を約12500本も所有している名門会社です。
プルネーティ社がOLiVOの為に作ってくれるオリジナルブレンドは2年目。
トスカーナならではの苦さと辛みがうまく調和したオリーブオイルです。

2014年度 FLOS OLEI 97点
DOP(保護原産地呼称)ミディアムフルーティー部門 
世界一受賞
OLiVOオリジナルブレンド

オリーブ品種:フラントイオ(20%)、レッチーノ(40%) モライオーロ(20%)、ペンドリーノ(20%)
農園海抜: 320m~380m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:トマトのブルスケッタ、ツナサラダ、
野菜や豆のスープ、ミートソース、 ソーセージのパスタ、
メカジキのグリル、肉じゃが、スカモルツァアフミカータチーズ


ディジーザ社
(イタリア シチリア州)

単品種のこの素晴らしいオイルはアラビア語で“輝かしい”を意味するディジーザという名の農園で作られています。透き通った黄金色で、リンゴやトマトの果実味を感じるふくよかで芳醇なアロマを有します。レタスやブラックペッパーの風味はエレガントでバランスの取れた味わいです。

2014年度 FLOS OLEI 96点
オリーブ品種: チェラスオーラ(100%)
農園海抜: 400m~500m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:サーモンのマリネ、
カポナータ(野菜のトマト煮込み)、ポテトサラダ、
ムール貝のトマト煮、ジャーマンポテト、クラムチャウダー、
菜の花のおひたし、カマンベールチーズ

オルシーニ社 
(イタリア ラツィオ州)

翡翠の様な深い緑色のこのオリーブオイルは熟したトマトやバナナの豊かなアロマだけでなくセロリやレタスといった野菜のニュアンスも感じられ、強い苦みと程よい辛みのある複雑な味わいです。
100年以上続くこの農園のオリーブオイルはイタリア全土の大会でNo.1に輝いた、イタリアを代表するミディアムフルーティーオイルです。

2014年度 FLOS OLEI 96点
オリーブ品種: イトラーナ (100%)
農園海抜: 150m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:焼いたキノコ類、青魚のアペタイザー、
タコのマリネ、 鱈のピューレ(バッカラ・マンテカート)、
焼きそば、 ブロッコリーのスープ、豆サラダ、
トマトのブルスケッタ、ペコリーノチーズ

フォンタナーラ社 
(イタリア)

*ネット限定販売の商品になります。

イタリアは北部ヴェネト州からアブルッツォ州、南はプーリア州のオリーブで作ったオリーブオイルブレンド。 このブレンドオリーブオイルはアーティチョークのアロマの中に黒コショウとアーモンドのスパイシーな辛みのあるオリーブオイルです。

オリーブ品種: グリニャーノ50%、ファヴァロール20%、ペランツァーナ20%、カーサリヴァ5%、トルティリオーネ5%
農園海抜: 70~200m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング: 温野菜、
カポナータ(野菜のトマト煮込み)、トマトソースパスタ、
マッシュポテト、 タンメン、野菜炒め、
グラナパダーノチーズ

モルゲンスター社
(南アフリカ サマーセットウェスト)

*2014年9月以降販売予定 (季節限定商品)

南アフリカのケープタウンの西に位置するモルゲンスターは過去20年に渡って広大な土地でオリーブオイルとワインを生産しています。敷地内には30000本ものオリーブの木を所有しています。少し緑がかった透き通った黄金色で、刈り立ての芝やアーティチョークにローズマリーやミントなどのハーブを思い起こさせるアロマを有します。 南半球に位置するため、通常のオイルの収穫時期とは異なる、初夏にかけて新鮮なオイルを味わえます。

2014年度FLOS OLEI 98点
オリーブ品種:コラティーナ(15%)、フラントイオ(25%)、Fs17(30%)、 ドンカルロ(10%)、レッチーノ、ノチェラーラ・デル・ベリーチェ、ペランツァーナ(20%)
農園海抜:50~250m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:トマトサラダ、サーモンのマリネ、
グラタン、 アーティチョークリゾット、山羊乳のチーズ

インテンス(ストロング)・フルーティー

クアットロチョッキ社 
(イタリア ラツィオ州)

ローマがあるラツィオ州に位置するこのオーガニックファームは、ライトフルーティーからインテンスフルーティーにいたる単品種オリーブオイルの生産で、近年素晴らしいパフォーマンスを続けています。
モライオーロ単品種のインテンスフルーティーオイルは、とりわけバナナやパイナップル、トマトそしてアーティチョークの豊かなアロマが感じられます。苦みと辛みは程よくバランスがとれています。

2014年度 FLOS OLEI 98点
ベストオーガニックファーミング生産者部門 世界一受賞

オリーブ品種:モライオーロ(100%)
農園海抜:400~600m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ビーフシチュー、ローストビーフ、
仔牛のサルティンボッカ バーベキュー(チキングリル)、
カルボナーラ、ゴルゴンゾーラのリゾット、
ジャガイモとニラのパンケーキ、ハヤシライス、ハンバーグ、
豚汁、ミモレットチーズ

リブランディ社
(イタリア カラブリア州)

リブランディは4年連続でFLOS OLEIの最高得点を獲得し、2014年度も最高得点も更新。南イタリアを代表する品種ノチェラーラ・デル・ベリーチェの単品種オイルは、バナナや熟したトマト等の果実味あふれるニュアンスにミントやセージのような力強いハーブのアロマが特徴です。レタスとセロリを思わせる辛味と苦味、しっかりとした味わいを堪能できます。
今年はノチェラーラ・デル・ベリーチェ種の収穫が少なく、残り150Lを全てOLiVOに譲って頂きました。

2014年度 FLOS OLEI 98点
オリーブ品種:ノチェラーラ・デル・ベリーチェ(100%)
農園海抜:100~500m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ポルチーニの前菜、ツナサラダ、生姜焼き、
サラミ、 サンマや寒ブリなど脂がのったお魚のグリル、
とんこつラーメン、 カレーライス、ステーキ、
仔羊のグリル、 仔羊のコストレッテ コセンティーナ風、
ゴルゴンゾーラチーズ

ヴィオラ社
(イタリア ウンブリア州)

若い起業家マルコ・ヴィオラが経営する農園はイタリア中部のウンブリア州ペルージャにあります。穏やかな緑色の美しいオイルは、アーティチョークやバジルの豊かなアロマを放ちます。 味わいはストロングですが、とても均整のとれた味わい。レタスやブラックペッパーのニュアンスがあり、後味にアーモンドの風味を感じます。

2014年度 FLOS OLEI 98点
オリーブ品種:モライオーロ(100%)
農園海抜: 300m〜450m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング: グリルしたキノコ類、メカジキのマリネ、
生ハム、 すき焼き、ポトフ、鍋焼きうどん、ソーセージ、
ゴーダチーズ

レ・トゥレ・コロンネ社 
(イタリア プーリア州)

FLOS OLEI本を監修し、オリーブオイルテイスターであるマルコ・オレッジャ氏が選んだ 2014年スーパーインテンスフルーティーオリーブオイル。
このコラティーナ単品種のオリーブオイルは、ポリフェノールの含有量が極めて多く苦みが強く刺激があります。
ライトグリーン色調を備えた透明な黄橙色のオリーブオイルは、ミントのアロマをヒントに、チコリー、レタス、黒コショウ、アーモンドの強い風味と上品な芳醇を持っています。
ジビエ料理や夏に向けてバーベキューにおすすめです。

2014年度 FLOS OLEI 91点
発展企業生産者部門 世界一受賞
オリーブ品種:コラティーナ(100%)
農園海抜:40~60m
収穫方法: 機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ジビエ料理、ホルモン焼き、カツオのたたき
濃厚なクリームチーズパスタ、ワッシュドチーズ

cooking olive oil

フェレア・グッズ社
(ギリシャ・クレタ島)

ギリシャ神話ゼウスの神が産まれたとされている地域、クレタ島の北部ミロポタモス、レジィモン地方から届いたこのオリーブオイルは島の最も高いとされるイダ山の根より平原にかけオリーブの木が立ち、暖かく穏やかな気候で育ったコロネイキ100%の単品種です。
アーティチョークやスパイシーなノートをヒントに、アーモンドと若い草花を感じさせられるエレガントな香りが漂います。
このやわらかくエレガントなオリーブオイルは、火を通してもオリーブオイル独特の香りや味がしないのでクッキングエクストラバージンオリーブオイルとして、炒め物や揚げ物、焼き物にお使いいただく事をおすすめします。

オリーブ品種:コロネイキ100%
農園海抜: 400m‐550m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:揚げものや炒めものなど幅広くクッキングオリーブオイルとしてお使い頂けます。
DOP(保護原産地呼称)


クレタ島のオリーブオイルを選んだ訳

クッキングオイルにはオリーブオイルが最適なのです。
スモーキングポイント(油が高温で熱しられ焦げはじめ酸化する温度)として通常サラダ油は180℃、オリーブオイルは210℃です。
揚げ物は180℃で揚げることが多いのでそれよりもスモーキングポイントが高いオリーブオイルは揚げ物に向いていると言う事になります。
必要以上に熱しない限り、他のサラダ油に比べるとオリーブオイルの栄養素はそのまま残ります。酸度が低い以上にオレイン酸が沢山含まれていることもおすすめの理由です。
またコーン油やバターなどは180℃より低い温度がスモーキングポイントとなります。

このクレタ島のエクストラバージンオリーブオイルはDOP(保護原産地呼称)コロネイキ100%のオリーブで作られています。 火を通してもオリーブオイル独特の香りや味がしないのでクッキングオイルには最適です。

世界最高品質のオリーブオイル

OLiVOは『FLOS OLEI』でその年に最高評価を獲得したBEST20ならびにTOP FARMの中から厳選した『旬』のものや、その他の権威ある大会で受賞しているオリーブオイルを世界各地の生産者から直輸入しています。
2013年度版では、5大陸、世界45ヶ国の生産者がエントリーし、厳正に審査を通過した488のオリーブオイル生産者とそのオリーブオイルが明快な解説とともに掲載されています。

FLOS OLEIとは?

オリーブオイル界で最も権威のあるテイスターの一人であるマルコ・オレッジャ氏が監修するインターナショナル・オリーブオイルガイド。
単なるオリーブオイルの格付けにとどまらず、世界の各国のオリーブオイルトレンドの紹介から、合理的かつユニークな視点でのオリーブオイル生産者を評価したガイドブックとなっています。オリーブの育成から収穫方法、オイルの生産工程、保存や輸送といった品質に影響を与える項目には、農学エンジニアの肩書を持つマルコ・オレッジャならではの詳細で客観的な評価が貫かれている一方、生産者の情熱や“愛情”までもがその審査の対象となっており“MADE WITH LOVE”はFLOS OLEIにおける重要なキーワードとなっています。FLOS OLEIは世界中の高品質なオリーブオイルの保護と普及を目的としているグローバルな“プロジェクト”なのです。
このFLOS OLEIの理念に共鳴するOLiVOは、オレッジャ氏や生産者との交流を通じて巡り合った優れたオリーブオイルを、生産者のストーリーと共に日本の皆様にお伝えしていきます。


マルコ・オレッジャ氏(左)と
弊社ローマ支社長ティーナ・カンチェーミ(右)
FLOS OLEI2013レセプション会場にて

オリーブオイルの量り売り

OLiVOの店頭では、オリーブオイルの鮮度を保つためにイタリア製フストを使用しております。このステンレス製オリーブオイルタンクは遮光性や密閉性に優れ、エクストラバージンオリーブオイルの命であるフルーティーさを保護します。
全てのオリーブオイルはテイスティングできます。その鮮度と個性をお確かめください。


店頭でお好みのオリーブオイルを瓶に詰め致します。
また直営店以外では遮光パックに入れて販売しております。

オリーブオイルを「使い分ける」楽しさ&美味しさ

エクストラバージンオリーブオイルはオリーブの実を搾っただけの“オリーブのジュース”。オリーブという果実が持っている風味がそのまま残っています。
これがオリーブオイルの“フルーティーさ“です。 このフルーティーさの強弱によって、オリーブオイルはライト、ミディアム、インテンス(ストロング)の三タイプに分類できます。

異なるフルーティーレベルを揃える楽しさ。
それぞれのタイプのオイルが揃うと様々な料理に合わせる事ができる為、オリーブオイルを本当に美味しく楽しく使いこなすには“オリーブオイルは三種類揃えたい”ということです。

ライトフルーティーオイルは淡白な料理、繊細な食材にマッチします。素材の良さを邪魔したり消したりせずにオリーブオイルのフルーティーさを加えてより風味を引き立てますので、お豆腐やサラダにお使い下さい。
インテンスフルーティーオイルはしっかりとした味の料理にマッチします。ビーフシチュー、ステーキ、ゴルゴンゾーラチーズの様な食材の美味しさや風味を引き出すには、それに負けない力強いフルーティーさが必要になります。
ミディアムフルーティーオイルはその中間で種類も豊富です。パンやパスタの仕上げ等にお使い下さい。

そして、同じフルーティーレベルのオイルでも、マイルドなタイプとスパイシーなタイプ等異なる個性があり、違った味わいができるということ、さらに、苦みや辛みが決してネガティブな要素でないことも食材とのペアリングで実感していただけると思います。
オリーブオイルが与える料理へのインパクトの違いが分かるとオリーブオイル選びはとても楽しくなります。

ライト・フルーティー

ボナミーニ
(イタリア ヴェネト州)

北イタリアはヴェローナにあるボナミーニ社はFLOS OLEI2013のDOP(保護原産地呼称)ライトフルーティーオリーブオイル部門で最優秀に選ばれ、3年連続世界一に輝きました。
ジャンカルロとサブリナ夫妻は農園を所有せず同じ地域の厳選したオリーブからオリーブオイルを作ります。黄金色のオイルは複雑なアロマの中に洋ナシやバナナ、リンゴなどフルーツのエレガントな香りが漂います。ライトフルーティーな味わいは口当たりがマイルドな食材と相性がいいです。

2013年度 FLOS OLEI 96点
DOP(保護原産地呼称)ライトフルーティー部門 
世界一受賞

オリーブ品種:ファヴァロール(50%)、グリニャン(50%)
農園海抜: 135m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:豆腐、サラダ、温野菜、
あさりやハマグリの酒蒸し、エビのグリル、 白身魚のマリネやカルパッチョ、繊細な味の和惣菜、 モッツァレラチーズやアイスクリーム等におすすめです。

ガブリエローニ 
(イタリア マルケ州)

ガブリエローニ姉妹が祖父から譲り受けたイタリア中部にあるオリーブ農園で作り出すオリーブオイルブレンドは、ローズマリーやミントの香りを放ち、口の中でセロリや緑葉の味も広がる非常にエレガントで香り高いオリーブオイルです。

2013年度 FLOS OLEI 95点
オリーブ品種:フラントイオ、レッチーノ(60%)、
アスコラーナテネラ、コロンチナ、モリアノ ピアントネ(15%)、その他 (25%)
農園海抜:220m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法:伝統的な石臼を使った方法
推奨ペアリング:エビ、レタスサラダ、アスパラガスのリゾット、
野菜の天ぷら、豆類、ブリーチーズにおすすめです。

オリオ・プリモ
(イタリア ラツィオ州)

クリアな黄金色のこのオリーブオイルはユニークで希少な製品です。バナナ、草、アーティチョークのアロマ、アーモンドの余韻がほのかに苦みをもたらします。
マリーナ種のオリーブはイタリア中部の山間に位置するヴァル・ディ・コミノ周辺にしかない希少品種です。以前は苦みや辛みが強すぎる為、マイルドなオイルとブレンドされていましたが、近年マリーナ種が極めてポリフェノールの含有量が多いことが分かり、今では単品種のオリーブオイルとして楽しむことができるようになりました。

2012年ラツィオ州オリーブオイル大会(Orii del Lazio)
ライトフルーティー部門優勝
オリーブ品種: マリーナ (100%)
農園海抜: 700m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ベイクドポテト、小松菜のおひたし、
ミネストローネスープ、あさりのワイン蒸し、
春菊、ワラビやゼンマイなどの山菜類、
エメンタールチーズなどに相性抜群です。

タルボット・グローブ
(オーストラリア 西オーストラリア州)

*2013年7月以降販売予定 (季節限定商品)

西オーストラリア州ヨークのタルボット・グローブ。広がりのあるフルーティーなアロマを有するネヴァディロ単品種のオイルは、地中海地域のオイルとは一線を画した個性的な味わいが魅力です。そのアロマは桃やバナナを彷彿とさせ、バジルやユーカリの香りも有しています。複雑でありながらバランスの取れた味わいは、苦みがとても強く、辛みも際立っています。醤油との相性が抜群で和食によく合います。

2013年度 FLOS OLEI 94点
オリーブ品種: ネヴァディロ(100%)
農園海抜: 300m
収穫方法: 機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:和風パスタ、根野菜のきんぴら、
醤油と混ぜてほうれん草のおひたしやタコや貝類の刺身、
お寿司にかけてお使いいただくのもおすすめです。

高尾農園

*2013年11月販売予定 (季節限定商品)

日本は小豆島にある高尾農園で作り出されるオリーブオイルは透明感のある黄金色をしておりローズマリーやミントの香りを放ち、口の中では黒コショウやアーモンドの味がほのかにします。調和がとれた苦味と辛さも感じる事ができます。

FLOS OLEI 2年連続認定
オリーブ品種: ルッカ (100%)
農園海抜:30~100m
収穫方法:叩いて落とす(手作業)・機械式
オイル抽出方法: 手摘み
推奨ペアリング:トマトのブルスケッタ、
焼きシイタケ、鶏肉のマリネ、
ミートソースのパスタ、メカジキのグリル、
豚しゃぶ、カマンベールチーズなどにおすすめです。

ミディアム・フルーティー

プルネーティ
(イタリア トスカーナ州)    

ジョンニとパオロ兄弟が運営する大きな農園はワインの名産地トスカーナ州のキャンティクラシコの中心に位置しています。農園ではオリーブの木を約12500本も所有している名門会社です。
今までにもいろいろな種類のオリーブオイルを作ってきたプルネーティ社がOLiVOの為に作ってくれたオリジナルブレンドはトスカーナならではの苦さと辛みがうまく調和したオリーブオイルです。

2013年度 FLOS OLEI 97点
DOP(保護原産地呼称)ミディアムフルーティー部門 
世界一受賞
OLiVOオリジナルブレンド

オリーブ品種:フラントイオ(55%)、レッチーノ(35%)
モライオーロ(5%)、ペンドリーノ(5%)
農園海抜: 360m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:トマトのブルスケッタ、ツナサラダ、
豆のスープ、ソーセージのパスタ、メカジキのグリル、
肉じゃが、硬質チーズにおすすめです。


ディジーザ
(イタリア シチリア州)

単品種のこの素晴らしいオイルはアラビア語で“輝かしい”を意味するディジーザという名の農園で作られています。透き通った黄金色で、リンゴやトマトの果実味を感じるふくよかで芳醇なアロマを有します。レタスやブラックペッパーの風味はエレガントでバランスの取れた味わいです。

2013年度 FLOS OLEI 96点
オリーブ品種: チェラスオーラ(100%)
農園海抜: 450m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:シーフードのアペタイザー、カツレツ、
サーモンのマリネ、ムール貝のトマト煮、
クラムチャウダー、菜の花のおひたし、
カマンベールチーズにおすすめです。

オルシーニ 
(イタリア ラツィオ州)

翡翠の様な深い緑色のこのオリーブオイルはトマトやリンゴの豊かなアロマだけでなくセロリやレタスといった野菜のニュアンスも感じられ、強い苦みと程よい辛みのある複雑な味わいです。
100年以上続くこの農園のオリーブオイルはイタリア全土の大会でNo.1に輝いた、イタリアを代表するミディアムフルーティーオイルです。

2013年度 FLOS OLEI 95点
2012年度イタリア全土オリーブオイル大会(Ercole Olivario)で 2部門制覇

オリーブ品種: イトラーナ (100%)
農園海抜: 135m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:焼いたキノコ類やタコのマリネ、
ブロッコリーのスープ、豆サラダ、トマトのブルスケッタ、
硬質チーズなどにおすすめです。

モルゲンスター
(南アフリカ サマーセットウェスト)

*2013年7月以降販売予定 (季節限定商品)

南アフリカのケープタウンの西に位置するモルゲンスターは過去20年に渡って広大な土地でオリーブオイルとワインを生産しています。敷地内には27000本ものオリーブの木を所有しています。少し緑がかった透き通った黄金色で、刈り立ての芝やアーティチョークにローズマリーやミントなどのハーブを思い起こさせるアロマを有します。
南半球に位置するため、通常のオイルの収穫時期とは異なる、初夏にかけて新鮮なオイルを味わえます。

2013年度FLOS OLEI 97点
オリーブ品種:コラティーナ、フラントイオ、Fs17(60%)、 ドンカルロ、レッチーノ、ノチェラーラ デル ベリーチェ、ペランツァーナ(40%)
農園海抜:50~300m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:トマトサラダ、サーモンのマリネ、野菜のグラタン、 アーティチョークリゾット、ヤギのチーズ、 ツナパスタ、メカジキのグリルなどにおすすめです。

インテンス(ストロング)・フルーティー

ヴィオラ
(イタリア ウンブリア州)

ヴィオラ兄弟が経営する農園はイタリア中部のウンブリア州ペルージャにあります。穏やかな緑色の美しいオイルは、アーティチョークやバジルの豊かなアロマを放ちます。
味わいはストロングですが、とても均整のとれた味わい。レタスやブラックペッパーのニュアンスがあり、後味にアーモンドの風味を感じます。

2013年度 FLOS OLEI 98点
オリーブ品種:モライオーロ(100%)
農園海抜: 300m〜450m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング: グリルしたキノコ類、ビーフシチュー、
すき焼き、ポトフ、鍋焼きうどん、生ハム、
ソーセージ、硬質チーズ等との相性が抜群です。

リブランディ
(イタリア カラブリア州)

リブランディは3年連続でFLOS OLEIの最高得点を獲得し、2013年度は最高得点も更新。南イタリアを代表する品種であるノチェラーラ・デル・ベリーチェの単品種オイルは、バナナやトマト等の果実味あふれるニュアンスにミントやセージのような力強いハーブのアロマが特徴です。辛味と苦味も明確です。複雑でしっかりとした味わいを堪能できます。

2013年度 FLOS OLEI 98点
オリーブ品種:ノチェラーラ・デル・ベリーチェ(100%)
農園海抜:100~500m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ポルチーニの前菜、ツナサラダ、
グリル野菜、生姜焼き、カレーライス、とんこつラーメン、
サラミ、サンマや寒ブリなど脂がのったお魚のグリル、
ステーキ、子羊、熟したチーズ(ゴーダ24か月)など、
全般的に味の濃い料理との相性が抜群です。

クアットロチョッキ 
(イタリア ラツィオ州)

ローマがあるラツィオ州に位置するこのオーガニックファームは、ライトフルーティーからインテンスフルーティーにいたる単品種オリーブオイルの生産で、近年素晴らしいパフォーマンスを続けています。
モライオーロ単品種のインテンスフルーティーオイルは、とりわけバナナやパイナップル、トマトそしてアーティチョークの豊かなアロマが感じられます。苦みと辛みは程よくバランスがとれています。

2013年度 FLOS OLEI 97点
ベストオーガニックファーミング生産者部門 世界一受賞

オリーブ品種:モライオーロ(100%)
農園海抜:400~600m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ビーフシチュー、ゴルゴンゾーラのリゾット
ローストビーフ、お好み焼き、お魚のグリル、
バーベキュー、ハヤシライス、ハンバーグ、豚汁、
ミモレットチーズなどによく合います。

調理用オリーブオイル

ラ・オーガニック
(スペイン アンダルシア州)

(調理用・揚げ物用オリーブオイル) 

オーガニックファームで収穫された4種のオリーブでブレンドされたエクストラバージンオリーブオイルです。クリアな黄金色で、セージのような繊細でフルーティーなアロマ、程良いエレガントな辛みがあり、バランスの取れた味わいです。
調理用エクストラバージンオリーブオイルとして、炒め物や焼き物まで幅広くお料理にお使いいただけます。オムレツやチキングリル、ソテー等にもおすすめです。

オリーブ品種: ピクアル、ピクード、ホヒブランカ、アルベッキーナ
農園海抜:500m
収穫方法:叩いて落とす
オイル抽出方法: 遠心分離法

グローバルなオリーブオリーブオイルガイド、FLOS OLEI。
2012年度版は実に世界43ヶ国の生産者、655のエクストラバージンオリーブオイルを厳正に評価しました。
日本初のFLOS OLEI POINTであるOLiVOでは世界一に認定された”BEST 20“さらに95点以上の”TOP FARM“の中から選りすぐったプレミアムオイルを直輸入し、店頭で量り売りしております。
世界最高水準の”旬“のエクストラバージンオリーブオイルが、皆様の食卓にセンセーションを巻き起こします。

世界一に輝いた”旬“のオリーブオイル

OLiVOのオリーブオイルは「FLOS OLEI」でその年最高の評価を獲得したBEST20ならびにTOP FARMの中から厳選した 『旬』のオリーブオイルのコレクションです。

ライト・フルーティー 相性が良いオリーブオイル

フラントイオ・ボナミーニ
(イタリア・ヴェネト州ヴェローナ)

北イタリアはヴェローナにあるボナミーニはFLOS OLEI2012で昨年に引き続き、DOPライトフルーティーオリーブオイル部門で最優秀に選ばれました。
ジャンカルロとサブリナ夫妻が厳選したオリーブから作られる黄金色のオイルは複雑なアロマの中に洋ナシやバナナ、リンゴなどフルーツのエレガントな香りが漂います。ライトフルーティーな味わいは白身魚のカルパッチョや貝類のパスタ、ソフトフレッシュチーズにおすすめです。

ベスト エクストラバージンオリーブオイルDOP
(保護原産地呼称) ライトフルーティー部門受賞 

オリーブ品種:ファヴァロール(50%)、グリニャン(50%)
農園海抜: 海抜135m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:豆類、豆腐、サラダ、蒸した魚介類、白身魚のマリネ、柔らかいチーズなどの口当たりがマイルドな食材。

シャトー・ド・トレンヌ
(フランス・プロヴァンス)

美しいプロヴァンスはコート・ダ・ジュールにあるシャトー・ド・トレンヌは素晴らしいライトフルーティーオイルによって、今年のFLOS OLEI 2012で見事なデビューを飾りました。
4品種のブレンドオイルは、デリケートな緑の色合いを持つ透明な黄金色で、未熟なトマトやバナナ、エレガントな花のニュアンスがあります。味わいは複雑で、バジルの風味にクルミような余韻が残ります。キノコ類のアペタイザー、蒸した貝類、シーフードサラダ、ソフトなフレッシュチーズにおすすめです。

ブレンド・ライトフルーティー部門 
ベストエクストラバージンオリーブオイル 受賞 

オリーブ品種: ブティヤン(60%)、アグランドゥ(15%)、グロサン(15%)、 ケイヨン(10%)
農園海抜: 海抜450m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング: キノコ類のアペタイザー、蒸した貝類、シーフードサラダ、 ソフトなフレッシュチーズなど全般的に味のマイルドな食材。

アジェンダ・アグリコーラ・ロベルト・リバウド
(イタリア・リグーリア州) <ウ・ジャルン>

リグーリア州ピーニャにあるロベルト・リバウド農園。非常に透き通った黄金色のオイルは、アーティチョークや芳しいハーブを彷彿とさせるエレガントなアロマを有しています。
その寒い気候と高い標高のゆえに、タジャスカ種のこのノヴェッロは冬の時期に収穫、搾油されます。アーモンドや未熟なトマトの風味をほのかに感じるまろやかな味わいです。
温野菜やシーフードサラダ、軟らかいフレッシュチーズとの相性が抜群です。

オリーブ品種: タジャスカ
農園海抜: 海抜550m〜600m
収穫方法:叩いて落とす(手作業)・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:豆腐、お米のサラダ、蒸した魚介類、クッキー、軟らかいチーズなどの口当たりがマイルドな食材。

オリオ・プリモ
(イタリア・ラッツィオ州)

深い黄色い色合いを持つクリアな黄金色のこのオリーブオイルはユニークで希少な製品です。バナナ、草、アーティチョークのアロマ、アーモンドの余韻がほのかに苦みをもたらします。野菜や豆のスープなどのラツィオの伝統的料理に相性抜群です。マリーナ種のオリーブはヴァル・ディ・コミノ周辺にしかない希少品種です。かつては、苦みや辛みが強すぎるとしてよりマイルドなオイルとブレンドされていました。しかしその後マリーナ種が極めてポリフェノールの含有量が多いことが分かり、今では単品種のオリーブオイルとして楽しむことができるようになりました。

第19回オリイ・デル・ラツィオ優勝 エクストラ・バージン・オリーブオイル(ライト・フルーティー部門)
オリーブ品種: マリーナ
農園海抜: 海抜750m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:野菜や豆のスープなどのラツィオの伝統的料理に相性抜群です。

ミディアム・フルーティー 相性が良いオリーブオイル

ヴィオラ
(イタリア・ウンブリア州)

ヴィオラ兄弟が経営するアジェンダ・アグリコーラ・ヴィオラはウンブリア州ペルージャのフォリーニョにあります。ミディアムフルーティーの穏やかな緑色の美しいオイルは、アーティチョークやバジルの豊かなアロマを放ちます。
味わいはまろやかでありながらストロングです。レタスやブラックペッパーのニュアンスがあり、後味にアーモンドの風味を感じます。マグロを使ったアペタイザーやグリルしたキノコ類、豆のスープ、ハードタイプのチーズとの相性が抜群です。

2012年度  FLOS OLEI
最優秀オリーブオイル生産者

オリーブ品種:モライオーロ
農園海抜: 海抜100m〜500m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング: マグロを使ったアペタイザー、グリルしたキノコ類、豆のスープ、 ハードタイプのチーズとの相性が抜群です。

ソシエタ・アグリコーラ・ディジーザ
(イタリア・シチリア州)

単品種のこの素晴らしいオイルはアラビア語で“輝かしい”を意味するディジーザという名の農園で作られています。透き通った黄金色で、リンゴやトマトの果実味を感じるふくよかで芳醇なアロマを有します。レタスやブラックペッパーの風味はエレガントでバランスの取れた味わいです。
はっきりとした苦みがありシーフードのアペタイザー、野菜のブルスケッタ、豆のスープ、ベイクドチキン、ヤギのチーズなどに合わせるのがおすすめです。

2012年度 FLOS OLEI
2年連続トップファーム金賞生産者

オリーブ品種: チェラソーラ
農園海抜: 海抜450m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:シーフード、サーモンのマリネ、野菜のクスクス、カツレツ、中熟成の軟らかいチーズなどとの相性が抜群です。

アジェンダ・アグリコーラ・ビオロジカ パオラ・オルシーニ (イタリア・ラツィオ州プリヴェルノ)

エクストラバージンオリーブオイル コッリーネ・ポンティーネDOPで3冠を達成した 今年はパオラ・オルシーニと彼女の家族にとって、特別な年になりました。
クリアな黄金色のこのオリーブオイルはトマトやリンゴの豊かなアロマだけでなくセロリやレタスといったベジタルなニュアンスも感じられます。強い苦みと程よい辛みがあり、複雑な味わいは焼いたキノコ類やタコのマリネ、ブロッコリーのスープ、硬質チーズなどとの相性が抜群です。

・第19回オリイ・デル・ラツィオ
最優秀エクストラバージンオリーブオイルDOPミディアム ・フルーティー部門
・第20回エルコーレ・オレヴァリオ
最優秀エクストラバージンオリーブオイルDOPミディアム・フルーティー部門
・第20回エルコーレ・オレヴァリオ
最優秀オーガニック・ファーミング
※第20回エルコーレ・オレヴァリオ二部門制覇

オリーブ品種: イトラァーナ
農園海抜: 海抜200m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:キノコのグリルやタコのマリネ、ブロッコリーのスープ、ミート系のパスタ、カジキマグロのグリル、硬質チーズなどとの相性が抜群です。

タルボット・グローブ
(オーストラリア・西オーストラリア州ヨーク)

西オーストラリア州ヨークのタルボット・グローブ。今年も素晴らしいオイルを生産しています。広がりのあるフルーティーなアロマを有するネヴァディロ単品種のエクストラバージンオリーブオイルのノヴェッロです。
そのアロマは桃やバナナを彷彿とさせ、バジルやユーカリの香りも有しています。複雑でありながらバランスの取れた味わいは、苦みがとても強く、辛みも際立っています。キノコを添えた牛肉のカルパッチョ、ツナサラダ、焼きトウモロコシ、チキンのオーブン焼き、熟成したチーズとのペアリングがおすすめです。

オリーブ品種: ネヴァディロ
農園海抜: 海抜300m
収穫方法: 機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング: ほうれん草のお浸し、牛肉のカルパッチョ、ツナサラダ、グリルチキン、仔羊のグリル

インテンス(ストロング)・フルーティー 相性が良いオリーブオイル

アジェンダ・アグリコラ・パスクアーレ・リブランディ
(イタリア・カラブリア州)

カラブリア州ヴァッカリッツォ・アルバネーゼのメーカーであるリブランディは、昨年に引き続きFLOS OLEI2012でBEST20に選ばれました。今回は優れた搾油方法を評価されての選出です。
リブランディはオーガニック農園で、とても珍しくノチェラーラ・デル・ベリーチェ単品種でオリーブオイルを作っています。 豊かな果実味のあるオイルは程よく熟したトマトやバナナのニュアンスとともにミントやセージの香りがします。辛味や渋みは明確でバランスが取れていて、甘いアーモンドの余韻が残ります。
ツナサラダやグリルしたトレヴィス、レンズマメのスープ、サルシッチャ(ソーセージ)のパスタ、熟成の深いチーズなどとの相性が抜群です。

2012年度  FLOS OLEI
ベストエクストラバージンオリーブオイル 搾油方法部門受賞

オリーブ品種: ノチェラーラ・デル・ベリーチェ
農園海抜: 海抜100m〜500m
収穫方法: 手摘み・機械式
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング: ポルチーニの前菜、ツナサラダ、グリル野菜、肉料理、肉ベースのパスタソース、仔羊、熟したチーズなど、 全般的に味の濃い料理


ノルディック・スター(アルゼンチン)

アルゼンチンのメンドーサにあるノルディック・スター。非常に透き通った金色のエクストラバージンオリーブオイルは、リンゴやバナナのようなエレガントな果実味、バジルやミントの風味でバランスの取れたリッチなアロマを有しています。
味わいはレタスやアーティチョークなどのベジタルなニュアンスを強く感じます。バーベキューにしたキノコや豚肉、ミネストローネ、ソーセージのパスタ、熟成したチーズと合わせるのがおすすめです。

2012年度 FLOS OLEI
ベスト新興オリーブオイル生産者部門 受賞

オリーブ品種:アラウコ
農園海抜: 海抜650m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ツナ、キノコのグリル、タコのカルパッチョ、野菜のスープ、熟成したチーズなど、全般的に味の濃い料理

アジェンダ・アグリコーラ・ビオロジカ クアトロチョッキ・アメリコ(イタリア・ラッツィオ州アラトリ)

フロジノーネ県アラトリにあるこのオーガニックファームは、ライトフルーティーからインテンスフルーティーにいたる単品種エクストラバージンの生産で、近年素晴らしいパフォーマンスを続けています。
日本初登場となる、モライオーロ単品種のインテンスフルーティーオイルは、とりわけバナナやパイナップル、トマトそしてアーティチョークの豊かなアロマが感じられます。苦みと辛みは程よくバランスがとれています。ビーフシチュウ、グリルしたトマトやパプリカ、ジャガイモと青ネギのパンケーキそして、熟したチーズなどによく合います。

第19回オリイ・デル・ラツィオ 
インテンスフルーティー審査員特別賞

オリーブ品種:モライオーロ
農園海抜: 海抜400m〜600m
収穫方法: 手摘み
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング: ビーフシチュウ、グリルしたトマトやパプリカ、ジャガイモと青ネギのパンケーキ、熟したチーズなどによく合います。

調理用オリーブオイル

ラ・オーガニック
(スペイン・アンダルシア州)

オーガニックファームで収穫されたピクード、ホヒブランカ、ピクアル、アルベッキーナの素晴らしいブレンドエクストラバージンオリーブオイルです。 クリアな黄金色で、セージのような繊細でフルーティーなアロマ、程良いエレガントな辛みがあり、バランスの取れた味わいです。
ラ・オーガニック・クイジーヌは、調理用エクストラバージンオリーブオイルとして、炒め物や焼き物にお使いいただく事をおすすめします。特に野菜やチーズのオムレツ、スパイシーなチキングリルやソテーは絶品です。

オリーブ品種: ピクアル、ピクード、ホヒブランカ、アルベッキーナ
農園海抜: 海抜500m
収穫方法:叩いて落とす
オイル抽出方法: 遠心分離法
推奨ペアリング:ドレッシングから揚げもの、炒めものまで幅広くお料理にお使い頂けます。